蔵王系

第229夜:友の会旅行(H29)1日目

1711ryoko_mune_kokeshi

平成29年度の東京こけし友の会旅行会が11/18(土)・19(日)の2日間、開催された。今回の旅行では、みちのくこけしまつりへの参加を中心に山形県郷土館・文翔館の見学、梅木工人宅訪問、山寺・立石寺ガイドツアーが予定されていた。18日午前10時15分に山形駅改札に集合。会長と幹事1名の2名が急病で不参加となり、女性2名を含む7名でのツアーとなった。旅行会恒例の胸に付けるリボンこけしは梅木直美さんの2寸こけし(口絵写真参照)であった。

続きを読む "第229夜:友の会旅行(H29)1日目" »

第216夜:菱菊模様の慶一郎

Keichiro_s13_kao2

戦前の秋山慶一郎のこけしは国恵志堂が好きなこけしの1つである。慶一郎のこけしは大正期のものが1本だけ知られている他は、昭和11年に石井眞之助氏によって紹介されたものが復活初作と言われている。12年作は知られておらず、13年から少しずつ作り始め、14年からは本格的に作ったようだ。慶一郎のこけしは鳴子系と蔵王系をミックスしたもので、木地形態、胴模様、頭部の描彩(オカッパ、手絡)の組み合わせで幾つかのタイプに分類される。中でも菱菊を胴に描いたタイプは初期のものだけで少ないという。そんな菱菊模様の慶一郎が先日ヤフオクに出たので紹介しよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第216夜:菱菊模様の慶一郎" »

第190夜:梅木直美さんの展示・即売会

170531naomiten_neko_2

今日(5/31)から、横浜高島屋で「第16回紅花の山形路物産と観光展」が開催され、蔵王系の梅木直美さんが出展・実演に来ているので、出掛けて来た。初日の午前中は混雑するので、午後3時頃に伺った。午後になって一段落の状況であったが、物産・観光展の客がひっきりなしに訪れていた。毎年の恒例行事となっており、直美さんの各種作品を目当てに来場する収集家・愛好家も多いようだ。昨年、テレビ番組の「人生の楽園」の出てからは、問い合わせも多くなり修一さんともども多忙の中、今回も直美さんらしい様々な作品が展示されていた。なお、会期は6/6(火)までである。口絵写真は、今や直美さんの代名詞ともなった「ネコこけし」である。

続きを読む "第190夜:梅木直美さんの展示・即売会" »

第138夜:入れ子こけし(岡崎幾雄)

Ikuo_ireko_kao

今夜は思い出話をひとつ。平成5年8月22日、上野精養軒では東京こけし友の会の創立40周年記念会が開かれていた。この40周年の記念こけしは、岡崎幾雄さんの友の会蔵栄治郎写しと井上ゆき子さんの春二古型の2本であった。記念会には幾雄さんも出席されており、立食パーティの席上で話をする機会を得た。幾雄さんと話をするのは初めてであったが、幾雄さんのこけしは入手難であったので、製作状況を尋ねてみたのである。すると、外には出していないが、自宅の店(能登屋)には置いてあるとのこと。蔵王温泉に来てくれる人を優先しているとのことであった。口絵写真は、幾雄さんの入れ子こけしの表情である。

続きを読む "第138夜:入れ子こけし(岡崎幾雄)" »

第137夜:こけし談話会(源吉・源七・力蔵)

161120danwakai_genkiti_syoki_kao

昨20日(日)は東京こけし友の会の平成28年度第3回こけし談話会があった。暖かい好天に恵まれた日曜日の午後、15名の方々が会場の鶯谷「ねぎし」に集まった。テーマは「斎藤源吉・源七と橋本力蔵のこけし」ということで、3工人の戦前作が数多く集まり、実り多い談話会であった。口絵写真は昭和初期の源吉こけしの表情である。

続きを読む "第137夜:こけし談話会(源吉・源七・力蔵)" »

第97夜:直美さんの横浜実演

160602naomi_himedaruma0

6月1日から横浜タカシマヤで始まった「第15回紅花の山形路物産と観光展」に蔵王系の梅木直美さんが出展しているので、今日午後出掛けてきた。会場の場所は昨年とほぼ同じ。ただ、未だ2日目だというのに並んでいるこけしや玩具類が、同じタカシマヤで正月に開催された職人展と比べてかなり少ない。直美さんに聞いてみると初日から客が多く、大分売れてしまったとのこと。正月の職人展と比べて物産と観光展では食品等の出品があるので、全体の来場者が格段に多いのだそうだ。人気の猫こけしや天使のこけし、広告のパンフレットに載っていた子守こけしは既に無くなっていた。口絵写真は姫ダルマ。左のナデヒコ模様は初めて描いたとのこと。

続きを読む "第97夜:直美さんの横浜実演" »

第91夜:梅木修一さんの最新作

Umeki_takei_okacyo_kao

山形の梅木修一さんからこけしが届いた。今年の正月、修一さんが直美さんの実演・販売に合わせて上京した折、依頼したものである。修一さんも87歳となり、今は直美さんの木地取りと木地指導に精魂を傾けている。そんな時期に復元という面倒な仕事を頼んでしまい恐縮していたが、律儀な修一さんは忙しい中時間を見つけて復元作を作ってくれた。今夜は、そのこけしを紹介したい。口絵写真は、その復元こけしの表情である。

続きを読む "第91夜:梅木修一さんの最新作" »

第84夜:秋山一雄のこけし(復元作)

Akazuo_s44_kao

今夜も、先日の友の会入札に出たこけしを紹介しよう。秋山一雄の重量感に溢れた堂々たるこけしである。秋山一雄は昭和30年代からこけしを作っていたが、昭和39年に父慶一郎が亡くなってからは一段と力を入れて、39年~40年頃には眉目の筆致鋭い傑作を作りだし、収集界の声価を高めた。慶一郎の復活は昭和11年、石井眞之助氏によるもので、その時に7,8本のこけしを入手している。その内の1本(9寸8分)は深澤要氏に譲渡され、深澤コレクションとして日本こけし館に所蔵されている。今回のこけしは、その慶一郎9寸8分の復元作と思われる。口絵写真はその復元作の表情である。

続きを読む "第84夜:秋山一雄のこけし(復元作)" »

第63夜:梅木修一・直美さんが横浜に

160121naomi_tukikoma8

昨20日より、横浜高島屋で開催されている「現代の職人たち展」に梅木さん父娘が出展しており、特に今日(21日)から明日午前中までは、修一さんも会場に来られるということで、今日午後出掛けて来た。今年で87歳となる修一さんがこけしのイベントで東京近辺に来られたのは十数年ぶりとのこと。80歳代後半とは思えぬ元気な様子に久し振りのこけし談を楽しんだ。会場には、直美さんの各種作品を中心に、修一さんも話題の月独楽シリーズや百万塔、勝之助型こけしを出展されていた。口絵写真は昨年のみちのくこけしまつりで受賞した月独楽シリーズ8月を分解したところ。スイカ、ナス、トマトを3段に重ね、それぞれが独楽として回る。しかもスイカは真中が割れて中から小さな種独楽が回りながら飛び出してくる。アイデアに満ちた精緻な作に驚愕である。

続きを読む "第63夜:梅木修一・直美さんが横浜に" »

第27夜:友の会9月例会(H27年)

150927reikai_naomi

昨日(27日)は東京こけし友の会の9月例会があったので、今夜はその報告である。ちょうど遠刈田のろくろ祭りと重なったこともあり、最近にしては珍しく60名を割って57名の出席者であった。例会ギャラリー(善松こけしの謎解き)、新品頒布、中古品頒布、入札、抽選を経て、第二部では鳴子の全国こけし祭りの報告がスライドを用いて行われた。最後にジャンケン大会でのこけし贈呈を行って閉会となった。口絵写真は、蔵王系梅木直美さんのおみやげこけし(自挽き)である。

続きを読む "第27夜:友の会9月例会(H27年)" »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ