鳴子系

第489夜:砲弾形の鳴子こけし(佐々木久作)

Kyusaku_hodan_kao 「木の花(第22号)」に『久作と幸助のこけし』という記事が載っており、その中に佐々木久作の「雪玉模様」のこけし(昭和18年頃)が載っている。その稿では『赤と緑の円をランダムに散らした胴模様が簡素な中にも夢幻的で雪国に相応しい胴模様である』と著者の中屋惣瞬氏は述べている。そのこけしは胴模様の珍しさと共に、肩がコケて丸く、胴が中ほどから下部にかけて膨らんだ砲弾形の形態が特徴的でもある。中屋氏はこの形を「古式な姿」と表現しているが、鳴子の古いこけしでこのような形をしたものは見たことがない。この形と胴模様は昭和56年に滝島茂によって再現され、国恵志堂コレクションの中にも1本入っている。そんな珍しい形態の久作のこけしが先日ヤフオクに出品され、4コインの即決ということだったので迷わず入手した。戦後に久作が自身の旧作を復元したもので収集家に頼まれたものであろう。今夜はその久作のこけしを見ていきたい。口絵写真は久作こけしの表情である。

続きを読む "第489夜:砲弾形の鳴子こけし(佐々木久作)" »

第488夜:勘治一家の立ち子について

Fukujyu_tatiko_40dai 先日、ヤフオクで落札した柿澤是隆一家のこけしが届いた。中に是隆さんの立ち子が3本あったが、皆同じ形・描彩ではなく、それぞれが意識して作られたことが分る。そこで、「勘治一家」の立ち子について改めて資料などを見直してみた。勘治一家の立ち子としては、先ず「日本土俗玩具集」に掲載されている勘治こけし4本の中の1本がよく知られており、これが代表的なものと言って良いであろう。次に、「これくしょん(45号)」には、蔵王高湯の岡崎長次郎や高橋勘四郎の小寸物と一緒に8本の立ち子が載っている。この8本を子細に見比べてみると、大きさ、形、描彩に違いがあることが分かり、これは手作り物のバラツキというより、ある程度の意識を持って作られたと考える方が妥当かと思われる。口絵写真は、福寿初期の勘治一家立ち子の頭頂部である。

続きを読む "第488夜:勘治一家の立ち子について" »

第486夜:ワンコインのこけし(高橋義一)

Yoshikazu_sekitiku_kao 色々な場面で用いられる「ワンコイン」という言葉、気軽に使える金額という意味合いもあるのだろう。ヤフオクの出品では「1円から」というものもあり、流石に国恵はその恩恵に預かったことはないが、ワンコインよりワンランク下のコインの一割増で落札と言うのが、最も安価な落札価である。さて、今夜紹介するこけしはその類に入るものの1つであるが、単に安価であるというだけでは本ブログの1夜を使って紹介するには役者不足であろう。そのこけしは鳴子の髙橋義一さんの作品。鳴子の「高勘」のこけしは国恵志堂コレクションの中心を占めるものであるが、初めて見るものであった。口絵写真は、その義一こけしの表情である。

続きを読む "第486夜:ワンコインのこけし(高橋義一)" »

第484夜:初作の魅力(大沼正人)

Masato_syosaku_kao 完成されたピーク期と言われる時期のこけしの魅力は言を待たないが、ある種それとは対極にある初期のこけしの魅力も侮れない。初作を作った時に入手するのは容易ではないため、中古品の中から探すことになる。「初作」の魅力は何かと問われれば、先ず第一に「初々しさ」と答えたい。木地修業に入り、やがてこけしを作ることになるが、木地にはぎこちなさが残り、描彩は稚拙でたどたどしいものである。しかし、そこには初めて自分のこけしを作ったと言う意気込みが感じられ、それが「初々しさ」として見る者の心に響くのである。さて、先週末に締め切りを迎えたヤフオクのワンコイン出品の中に18本の纏め出品があった。多くのこけしの纏め出品の場合、不要なものも送られてくるため敬遠する向きもあり、思わぬ掘り出し物に遭遇することもある。今回の出品こけしの中では大沼正人のこけしが気にかかった。正人は大沼健三郎の孫にあたり、健三郎の後継者として期待された工人であった。昭和58年(20歳)から木地修業・こけし製作を始めたとあるが、kokeshi wikiでも詳細な記載はない。こけしブームの終焉と共に転業してしまったようである。そこで、昭和時代のガイドブックを括ってみると、「伝統こけし 工人手帳」第4刷(昭和60年5月発行)に工人とこけしの写真が掲載されていた。それと比べて今回出品中の正人こけしは手慣れておらず、それらよりも前の作と推測して入札に参加した。流石に他にも応札者がありワンコインでの落札にはならなかったが、4コイン半ほどでの安価な落札となった。今夜はその正人こけしを紹介しよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第484夜:初作の魅力(大沼正人)" »

第479夜:秋山忠こけしの行方は…

Cyu_5sun_kao 久し振りの更新になってしまった。例年なら、こけし関係のイベントが目白押しとなる時期であるが、コロナ禍が未だ鎮静化しない現在、開催は難しいのであろう。開催に意欲的であった「みちのくこけしまつり」は中止が決まったようである。唯一の楽しみでもあるヤフオクもここの所、ワクワクするような出品は見られない。そこで、以前入手したものの未だ本ブログで紹介していないこけしを探してみた。今夜は秋山忠のこけしである。2年ほど前、正吾さんに慶一郎写しのお願いをした時に、忠こけしは作らないかと聞いてみた。正吾さんは即座に孫の忠男さんが居るのだから忠男さんに頼んだらどうかとやんわり断られた。正吾さんが作るのはあくまで後継者が居なくなったこけしということであった。口絵写真は忠こけしの表情である。

続きを読む "第479夜:秋山忠こけしの行方は…" »

第477夜:何とも気になるこけし

Koretaka_kanjifuu_kao 9月になって一週間が過ぎ、新型コロナの新規感染者は徐々にではあるが減少してるようだ。そんな中、台風が2週連続で九州を襲っている。今回の台風10号は超大型で特に要注意となっていたが、事前の準備が効いたせいか被害は最小限に抑えられたようだ。さて、コロナ禍の中、最近こけし収集はヤフオクが中心になっており、その出品を見ることは多い。第2次こけしブームの頃に入手困難だったこけしが、当時に比べると何とも安価に入手できるのは嬉しいものの複雑な感じになることも多い。そんな中、ヤフオクを見ていると何とも気になるこけしに出会うこともある。今夜紹介するこけしもそんな1本。一目で勘治型のこけしであることは分かるが、醸し出す雰囲気はちょっと異なる。今夜は、そのこけしを味わってみよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第477夜:何とも気になるこけし" »

《追悼》大沼誓こけし

昨11日の午後6時頃、鳴子の大沼秀則さん宅で火災が発生し、母屋と工房を全焼した。秀則さんや他の方には怪我はなかったことは不幸中の幸いだった。国恵は、昨年、大沼誓のこけし(第336夜、wikiにも掲載)を秀則さんに預けて、その復元を依頼中であったが、この誓こけしは残念ながら火災の犠牲になってしまった。誓こけしの中でも最も気に入っていたものでようやく入手できたものだったので、残念な気持ちは溢れるばかりだが、これは仕方のないことと自分に言い聞かせている。秀則さんが一段落してまたこけしが作れるようになったら、写真をもとにぜひこのこけしを作って貰いたいと考えている。それがこの誓こけしへの追悼になるのだと思っている。

Hidenori_kasai

こちらは、昨年の12月20日に誓こけしを持って行って秀則さんと作業場で記念撮影をしたもの。この写真の場所も燃えてしまったのである。

第471夜:こけし界の二刀流(奈良吉弥2)

Nara_gohe_kao 新型コロナの感染者は日本全国で増え続け、東京以外でも1日に100人を超える県も散見されるようになった。そして我が横浜のある神奈川県も今日は119人を数えるに至った。そんな中、半年ぶりに埼玉の病院に出掛けることになった。何故埼玉の病院かと言うと、担当医師の転勤に付いて行ったためである。元々は筆者が勤めていた病院(品川)に居たのだが、その後、東京の御茶ノ水、そして今は埼玉の北浦和になっている。今は薬を貰うのが中心で三か月に一度通院しているのだが、前回は緊急事態宣言中で通院せずに薬を送って貰った。今回も通院しないと、次回は初診扱いとなり特別初診料が別途5千円かかるということで、意を決して出掛けたのである(苦笑)。さて、MLBの大谷翔平にちなんで始めた「二刀流」シリーズであるが、本家の大谷は肘の治療で今期も二刀流は適わず残念なことであった。奈良吉弥の二刀流については第436夜で紹介したのだが、その時には片方(木地山型)だけの紹介であった。先日、ヤフオクで待ちに待ったもう一方の鳴子型(小松五平型)が手に入ったので、今夜はそれを紹介しよう。口絵写真は、鳴子型の表情である。

続きを読む "第471夜:こけし界の二刀流(奈良吉弥2)" »

第470夜:秀顯さんの竹雄古作写し

Hideaki_takeo5sun_utushi_kaoue 8月になり梅雨も明けてコロナ禍の中、猛暑も加わって厳しい自粛生活が続いている。こけしのイベントも無く、産地にも行けず、大沼秀顯さんには名古屋こけし会頒布の参考のための岩太郎と竹雄の古作3本を預けておいた。今回名古屋の頒布が終わったので、岩太郎が戻ってきた。また、預けておいた竹雄こけしの内、小寸物とその写しの試作が送られてきた。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第470夜:秀顯さんの竹雄古作写し" »

第469夜:秀顯さんの岩太郎写し(名古屋こけし会頒布)

Hideaki_iwataro_nagoya_kao 今月の12日に名古屋こけし会の7月例会が開催された。その頃は未だ全国的に新型コロナウィルスの感染者数は落ち着いている状態であり、東京こけし友の会の7月例会も開催の予定で準備を進めていた。その後の惨状は周知の通り。今となっては、東京も名古屋もとても例会の開催は出来ないような状況になってしまった。この名古屋の7月例会では、大沼秀顯さんの岩太郎写しの頒布が決まっており、頒布会員になっている国恵にも後日、この頒布こけし2種が送られて来た。友の会での初頒布後の2作目であり、それを並べて見比べるのも楽しいものである。今夜は、その名古屋頒布こけしの紹介である。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第469夜:秀顯さんの岩太郎写し(名古屋こけし会頒布)" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ