木地山系

第227夜:三春さんの久四郎型

Miharu_kyushiro_kao

今月の10日(金)から昨日14日(火)まで、巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺で木地山系伝統こけしの製作・実演が行われ、都合6名の工人が上京して実演を行った。筆者もお手伝いに参加したが、その際、三春文雄さんの久四郎型こけしを2本(尺と4寸)入手することができた。三春さんの久四郎型は、今年になってから友の会の例会で2回入手したが、大きさはいずれも6寸であった。今回の尺は流石に大寸物で迫力があり、また4寸は小寸の愛らしさがある。今夜はそのこけしを紹介したい。口絵写真は尺こけしの表情である。

続きを読む "第227夜:三春さんの久四郎型" »

第198夜:木地山系伝統こけし製作・実演(2)

170702togenuki_konomi_mame

東京巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺で開催された「木地山系伝統こけし製作・実演」には、抽選の対象となった3工人の他に、柴田良二、佐藤達雄、藤原勝郎の3工人も参加され、また木地山系の多くの工人の作品が出品された。木地山系は型に対する制約が厳しくないため、1つの型を多くの工人が製作し、それぞれの個性が加味されたこけしが生まれている。その上、木地山系こけしが販売される機会も少ないため、今では人気の高い系統になっている。ここでは、今回出品された各工人を作品を紹介する。口絵写真は、阿部木の実さんの小寸物である。

続きを読む "第198夜:木地山系伝統こけし製作・実演(2)" »

第197夜:木地山系伝統こけし製作・実演

170702togenuki_koketohro

7月1日から、巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺の信徒会館で開催されている「木地山系伝統こけし製作・実演」の2日の状況を紹介する。今回は人気工人の出品があり、早くから多くの愛好者が押し寄せることも考えられたため、整理券を配布して順番を決め、その順に入場・購入していただく方法が取られた(初日と2日目のみ)。初日には53名に整理券が配布され、会計には長蛇の列が出来たとのこと。2日目は23名で、比較的ゆとりがあった。口絵写真は、会場の入り口に立てられた恒例のこけし灯籠。この時期、巣鴨商店街はあさがお市も開かれており、本こけし展も今や風物詩の一つになっている。

続きを読む "第197夜:木地山系伝統こけし製作・実演" »

第182夜:こけし談話会(石蔵)

170513danwa_annai

先週の土曜日(13日)に友の会のこけし談話会が秋田の湯沢市で開催された。地方開催の談話会は初めての試みであった。東京からは会員10名が参加、地元からは秋田こけし会の京野会長、湯沢市産業振興部の山田主任、それに木地山系の工人6名(三春文雄さん、阿部木の実さん、沼倉孝彦さん、阿部市五郎さん、柴田良二さん、佐藤達雄さん)が参加された。会場は湯沢グランドホテルのクリスタルの間という立派な会議室に、戦前・戦後の小椋石蔵のこけし他が並べられ、鈴木幹事が用意した資料を元に鑑賞が行われた。その後、隣の松風の間に場所を移して懇親会が開かれ、飲食を共にしながら親交を深め合った。なお、木の実さんは欠席で代りに小野寺正徳さんが参加された。今回の地方談話会が好評だったことから、毎年5月の談話会は地方で開催する方向で検討することになった。口絵写真は、会場の案内照明。

続きを読む "第182夜:こけし談話会(石蔵)" »

第156夜:友の会1月例会(H29)

1701reikai_omiyage

昨22日は、東京こけし友の会の新年例会があった。例会参加者は100名には達しなかったが、昨年同様90名を超える方々が参集された。招待工人は弥治郎系の富塚由香さんと高田稔雄さんであったが、富塚さんは体調不良で欠席された。お土産こけしは柴田良二さん(木地山系)と新山真由美さん(弥治郎系)の4寸こけし。会は、会長の新年挨拶、招待工人紹介・挨拶、皆勤賞表彰、頒布こけし解説、入札品解説と続き、新年例会用に揃えられた各工人の力作こけしの頒布となった。最後に、色紙や大寸こけし、高田工人寄贈のこけしを巡る大ジャンケン大会で大いに盛り上がり散会となった。その後、高田工人を囲む懇親会が場所を改めて開催された。口絵写真は筆者が入手したおみやげこけし2本である。

続きを読む "第156夜:友の会1月例会(H29)" »

第106夜:友の会7月例会(H28年)

160724reikai_onodera

昨24日は東京こけし友の会の7月例会があったので、その報告である。ぐずついた梅雨空が上がって久しぶりの青空の中、新参加者3名を含めて81名の参加者があった。おみやげこけしは木地山の小野寺正徳さん。会は、こけし界ニュースで始まり、ギャラリーは鈴木幹事の担当で十八番である木地山系の第2弾「小椋久太郎」を戦前作を中心に解説された。新品頒布は6工人。入札・抽選の解説のあとは、お待ちかねの頒布。第2部は、高岩寺での遠刈田こけし製作実演や美轆展の様子等がスライドで紹介された。最後に、恒例のじゃんけん頒布を行って閉会となった。口絵写真は小野寺さんのおみやげこけし(治一型)である。

続きを読む "第106夜:友の会7月例会(H28年)" »

第77夜:木形子洞頒布の泰一郎(利吉名義)

Tai1ro_s7_kao

正月の友の会例会の入札に利吉名義の泰一郎こけしが出ていた。昭和7年頃ということから橘氏の「木形子洞頒布」品かと思われた。当時のものとしてはまずまずの保存状態であったが、胴模様の井桁に黄色が使われていたようで、その部分(2カ所)が退色して抜けているような感じに見えた。これは入手する事が出来なかったが、程なくして同様のこけしがヤフオクに出品された。こちらは友の会品よりも状態が良く入手出来たので紹介したいと思う。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第77夜:木形子洞頒布の泰一郎(利吉名義)" »

第75夜:H27友の会旅行(こけし)

160213ryokokai_konomi_kao

今夜は、秋田県こけし展に出品されていた各工人のこけしを紹介しよう。但し、三春、沼倉、利亮、佐藤こずえ工人のこけしは完売だったため、残念ながら見ることは出来なかった。また、伝統性がはっきりしない工人省略する。口絵写真は、阿部木の実さんのこけしの表情である。

続きを読む "第75夜:H27友の会旅行(こけし)" »

第73夜:H27友の会旅行(1日目)

160213ryokokai_munekokeshi

先週末の13日(土)、14(日)の2日間、東京こけし友の会の平成27年度の旅行会があったので、その報告である。今回は秋田県こけし展と犬っこ祭りへの参加がメインだったので、今年(28年)になってからの実施となった。参加者は18名。13日の12時にJR湯沢駅に集合ということで、東京発7:36の<こまち3号>で出発した全車指定であったが、かなり空席があった。岩手県に入ったあたりから雪景色になったが雪は少ないようだった。湯沢駅で集合後、先ず湯沢市内の「すゞや」で郷土料理の昼食。ここで、参加者に抽選で、胸に付けるリボン付きの豆こけし(2寸)とお土産こけし(4寸2本)が配布された。口絵写真は、筆者に配布された菅原修さんのリボン付き豆こけし。

続きを読む "第73夜:H27友の会旅行(1日目)" »

第45夜:友の会12月例会(H27)

151213reikai_tatuo

今日は東京こけし友の会の12月例会があった。各地のこけしイベントも終わってしまっており、82名という多数の出席者があった。12月は新品こけしの出品は無かったが、書籍類が纏まって出品された。おみやげこけしは木地山系の佐藤達雄さん。ギャラリーは大野栄治と栄治型のこけしの解説があった。中古こけし頒布、入札、抽選と所定の行事があり、こけし界ニュース、第2部のイベント報告の後、橋本正明氏による「Kokeshi Wiki」の制作に纏わる興味深いお話があった。最後に小椋英二さん寄贈のこけしやこけしの色紙、カレンダーなどをジャンケン大会で配布して、本年最後の例会を終了した。口絵写真は、佐藤達雄のおみやげこけし。なお、元会長で友の会の運営に多大の尽力をされた柴田長吉郎さんが4日に逝去されたとの報告があった。ご冥福をお祈りする。

続きを読む "第45夜:友の会12月例会(H27)" »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ