津軽系

第213夜:こんなところに伊太郎が…

Itaro_yafuoku_kao

第二次こけしブームの頃にこけしを集めていた収集家の方々が高齢になって亡くなったり、こけしの整理を始めたりして、ヤフオクに纏まった本数のこけしが出てくるようになった。先だっても、3寸ほどのこけしが5本纏めて出品されていた。その内の4本はブーム時の見慣れたこけしであったが真ん中の1本はかなり古いものであり、どうやら津軽系の伊太郎のもののようであった。普通に考えたらあり得ないような組み合わせの出品であったが、伊太郎を入手するチャンスでもあり、入札に参加した。今夜はそのこけしを紹介したい。口絵写真はその伊太郎こけしの表情である。

続きを読む "第213夜:こんなところに伊太郎が…" »

第211夜:盛秀型の人気…

Yoko_rokuro_kao

東京こけし友の会の8月臨時例会の入札には盛秀こけしを筆頭に盛秀型のこけしが多数出品されていた。昭和40年~50年代にかけてこけし界における盛秀こけしの人気は絶大で、僅かな出品作を求めてイベント会場には長蛇の列が出来ていた。価格も1寸1万円と言われた時代である。今回の入札には尺の盛秀こけしが2本、最低価も最盛期の1/3以下と言う設定であったが、応札数は1件のみ。1本には応札は無かった。その他の盛美津雄(2本)、奥瀬鉄則(5本)、奥瀬陽子(2本)にも応札数は少なく、応札の無いものもかなりあった。お陰で、筆者は鉄則、陽子の2本を落札することができた。口絵写真は、陽子こけしの表情である。

続きを読む "第211夜:盛秀型の人気…" »

第183夜:津軽訪問

170514sasamori_boshi_ejiko

友の会のこけし談話会で湯沢まで行ったついでに津軽まで足を延ばして来た。14日(日)、湯沢から普通列車を秋田で乗り換えて弘前に着いたのは午後2時過ぎ。弘前ではいつもお世話になる安達さんに案内願って、弘前市立博物館へ。ここでは館秘蔵の名品展が開催されており(6/4まで)、その一環として「木村弦三コレクション」の中から津軽系の古作を中心に70本程のこけしが展示されていた。次いで数年前の火災で新築された笹森さん宅を訪問。工房も見せて頂く。その後、笹森さんも伴って安達さん宅でこけし鑑賞会。翌15日(月)は、盛美津雄さん、津軽こけし館、奥瀬陽子さんをお尋ねして、津軽訪問を終了した。口絵写真は笹森さんのウテラ挽きをあしらった帽子エジコである。

続きを読む "第183夜:津軽訪問" »

第178夜:友の会4月例会(H29)

1704reikai_kenzo

昨23日(日)は東京こけし友の会の4月例会があった。4月には例会と同時に総会も開催され、新品こけしの頒布が無いこともあってか、例年参加者が少な目であるが、今回は64名の出席者があった。おみやげこけしは津軽系の長谷川健三さん。こけし界ニュースの後、例会ギャラリーはこけしの染料に関しての興味深い話、入札・抽選と中古こけしの頒布で第一部は終了。第二部は総会で、H28年度の事業報告、会計報告、H29年度の事業計画案、予算案が報告された。その後、会の運営、頒布等に関して活発に意見交換が行われた。最後に佐藤昭一を始めとする大寸こけしをジャンケン大会で贈呈して終了となった。口絵写真は筆者に渡されたおみやげこけし。

続きを読む "第178夜:友の会4月例会(H29)" »

第124夜:引眉こけし(今晃)

Kon_hikosaku_kao

10月に入ったが、秋晴れには程遠いすっきりしない日が続いている。気温も高かったり低かったり、油断していたら案の定、風邪を引いてしまった。若い頃とは違い、身体は確実に弱くなっているようだ(苦笑)。さて、ヤフオク上では今さんのこけしが相変わらず賑わっている。復元作から本人型まで、幅広く多様なこけしを作り、若い人から年配者まで愛好家は多いようだ。2か月ほど前、そんな今さんのこけしで気になる作が2,3本ずつ纏めて数回出品された。何回目かにようやく入手することが出来たので、今夜はその話をしよう。気になる点とは、「眉が薄墨で描かれている」ことである。口絵写真は、その今こけしの表情である。

続きを読む "第124夜:引眉こけし(今晃)" »

第68夜:こけし談話会(盛秀)

160207danwakai_morihide_kao

今日7日は、東京こけし友の会のこけし談話会があったので、その報告である。好天の中、人気の盛秀太郎のこけしがテーマということもあって、20名を超える参加者があり、若い方々の顔も多くみられた。盛秀の正末昭初から戦後までの30本ほどのこけしが集まった。勉強会の後の懇親会も含めて大いに盛り上がった談話会であった。口絵写真は、初期の盛秀こけしの表情である。

続きを読む "第68夜:こけし談話会(盛秀)" »

第29夜:津軽の競作3(佐藤善二)

Zenji_kasakobe_kao

先日のヤフオクに佐藤善二の笠幸兵衛型こけしが出ていた。津軽系の多くの工人が、この笠幸兵衛型を作っているのは良く知られているが、幸兵衛型の先駆者である善二の笠幸兵衛は今まで見たことがなかった。これは何とか手許で良く見てみたいと思い、頑張って入手した。出品者によれば、善二はデパートでの催事に出る時には普段作らないものを目玉商品として作っていたとのことで、この笠幸兵衛型もそんな折に作られたのであろう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第29夜:津軽の競作3(佐藤善二)" »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ