古品

第464夜:甚四郎こけしとの縁・・・

Jinshiro_s17_kao 自粛一斉解除後、徐々にコロナの新規感染者が増えていた東京で、遂に一日100人を超えた。友の会の7月例会は参加者数を制限しての開催で準備が進んでいるが、より一層気を引き締めなければならないだろう。さて、もう10年以上も前になるが、こけし店「あおぞら」が新橋にあった頃、店主よりお誘いがあって店に顔を出すと、保存の良い鳴子のこけしがあった。大沼甚四郎の戦前のこけしだと言う。今作ったのかと思われる綺麗さに逆に古品らしさを感じられず、その時は購入を見送ってしまい、その後甚四郎こけしとは縁遠くなってしまった。先日、「甚四郎のこけしは要りませんか?」というお話があり、そのこけしは保存が良く、胴底に「陸奥売店」の印があるとのこと。そこで、こけし手帖のバックナンバーを探してみると、第496号(平成14年5月)に、友の会の柴田長吉郎・元会長が「陸奥売店のこけし・大沼甚四郎」という記事を書かれているのが見つかった。そこには陸奥売店の甚四郎の写真(白黒)も載っており、それを脳裏に刻んで、今回の甚四郎こけしを見せて頂いた。今夜は、そのこけしを紹介したい。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第464夜:甚四郎こけしとの縁・・・" »

第459夜:大弘さんの民之助写し(2)

Tomohiro_tami_free_kao 国恵がある古品の写しを作って貰う時には、もちろん出来るだけ「原」こけしに忠実に作って貰うのだが、それとは別に「原」をモチーフにして工人の創意工夫で「原」をアレンジしたものをお願いすることもある。これは誰にでもという訳ではないが、大弘さんは前回の庸吉の時にも面白いものを作ってくれたので、今回もお願いすることにした。一つは、民之助の「目」を変えて貰うこと。民之助のこけしには一般的な一側目の他に、一筆目や二側目もあるので、それを描いて貰った。もう1つは胴模様を自由に描いて貰うこと(自由型)。今夜は、そうして作られた民之助自由型を紹介しよう。口絵写真は、自由型をやや上方から見た表情である。

続きを読む "第459夜:大弘さんの民之助写し(2)" »

第458夜:大弘さんの民之助写し

Tomohiro_tami_kaede_yokokao_20200525182001 今日の東京のコロナ新規感染者は8人となり、ようやく関東一都三県と北海道の緊急事態宣言も解除されることになった。だからと言って急に自粛体制が無くなる訳でもなく、コロナ禍以前の生活への復帰は難しいが、それでもヤレヤレ一段落といった明るい気持ちにはなる。さて、鳴子の松田大弘さんにお願いしていた戦前民之助の写しが送られてきた。大弘さんは未だ高々3年ほどの製作歴であるが、進境著しく魅力溢れるこけしを作っている。前回(第401夜)は庸吉型を作って貰ったが、庸吉の「はかなげで恥じらいのある愛らしさ」とは全く対照的な民之助の「キョトンとあどけない愛らしさ」を見事に再現してくれた。今夜は、その民之助写しを紹介したい。口絵写真は、やや斜め上から見た民之助写しの表情である。

続きを読む "第458夜:大弘さんの民之助写し" »

第446夜:照井音治のこけし

Otoji_6sun_kao 今日から5月である。この時期、普通なら五月晴れの青空に五色の鯉のぼりがはためき、華やいだ雰囲気に包まれる。そんなのどかな情景は年明けから広がり始めた新型コロナウィルスによって一変してしまった。昨日、一昨日と50を切った東京の新規感染者数は再び150を超え、6日までの緊急事態宣言の延長が決まったようだ。さて、こけしの話に移ろう。南部系の照井音治のこけしは盛んに作った時期が短かったため残るものが少なく、こけし市場にもなかなか出てこない。国恵志堂には1本あり、第50夜で紹介した。その音治は晩年と思われ、筆力も弱くなっていた。そんな音治の盛事のこけしを昨年ヤフオクで入手したが、本ブログでの紹介が未だだったので改めて紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第446夜:照井音治のこけし" »

第438夜:朝倉英次の古作復元

Eiji_s38_kao 緊急事態宣言が全国に出されてから2週間が経ち、自粛の成果が出てくる頃だが東京でも新規感染者の100人超えが続いている。まだまだ皆の自粛が足りないようだ。さて、大正期からこけしを作っている朝倉(佐藤)英次は正末昭初の頃に見られる一側目のこけしが素朴な味わいを持っていて評価も高く人気もあるようだ。そのため、この型のこけしを希望する愛好家も多く、妻きぬさんもその写しを作っている(第261夜参照)。今夜は、英次自身が戦後に作った自身の古作の写しを紹介する。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第438夜:朝倉英次の古作復元" »

第437夜:新山茂のこけし

Shigeru_s15_kao 昨夜との関連から、やはり早逝してしまった新山茂のこけしを取り上げたい。こけしの世界で珍品・稀品と言われるこけしがある。種々の理由で製作数が少なかったもので、多くは戦前のものである。国恵はこけしを満遍なく集めている訳ではないので、それらのものがどうしても欲しいという訳ではないが、程々の価格で入手できるのであれば手元で見てみたい気はある。弥治郎系の新山茂のこけしもそんな1本であった。茂は久治の次男で大正9年の生まれである。尋常高等小学校を卒業の昭和10年から父久治について木地修業をし、昭和14年までこけしや玩具類を作ったという。昭和15年に軍隊に入り、19年10月30日に戦死した。従って、茂のこけしは昭和10年から14年頃までのものしか無く、残るこけしは少ない。口絵写真は茂こけしの表情である。

続きを読む "第437夜:新山茂のこけし" »

第435夜:保存の良い戦前久太郎

Kyutaroo_s10_kao 海外では新型コロナウィルスの感染拡大が一段落してきた国もあるようだが、日本では未だピークを迎えたとは思えない感染発生が続いている。特に医療関係者の感染は、医療崩壊に繋がる恐れがあり心配である。我々高齢者の出来ることは、外出自粛でひたすら家に籠ることであり、国恵としては本ブログの更新にひたすら励んでいる次第である。テーマはどうしても好きな鳴子系が多くなってしまうが、他の系統にも目を向けてみよう。今夜は木地山系の小椋久太郎である。本こけしも先日ヤフオクで入手したものであるが、その保存の良さ(特に色彩)は素晴らしく、とても戦前作とは思えない状態である。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第435夜:保存の良い戦前久太郎" »

第434夜:竹雄の草書体

Takeoo_s0_kao このこけしも整理中に出てきたもので、昨年の10月にヤフオクで入手したもの。大沼竹雄のいわゆる草書体時代のこけしである。これも保存状態が良くなかったので、本ブログで直ぐに紹介せずに仕舞ってしまったのだろう。取り出して、竹雄の草書体時代のこけしを文献等で調べたが、この形のこけしは見当たらない。この形自体は、元村勲先生蔵の岩太郎と言われた4本のこけしの中にあり、それは秀雄さん、秀顯さんが復元しているので良く見かけるものである。しかし、それ以外には見当たらない。しかも、元村蔵品は一筆目であるが、本稿のこけしは一側目なのである。口絵写真はその竹雄こけしの表情である。

続きを読む "第434夜:竹雄の草書体" »

第432夜:庄七の三蔵型

Syo7_2e_kao 緊急事態宣言が出てから一週間、休日の自粛は目標の80%に近いところまで行くが、平日の通勤状況にはあまり効果は表れていないようだ。今がピークと考え、これ以上の感染拡大を何とか抑えたいものだ。国恵も週に一二度、食料の買い出しに行く以外は自宅でインドア・ワークに勤しんでいる。必然的にヤフオクでこけしを見る機会も増えている次第。そんな中、先日は二重の愛らしいこけしに目が行った。菅原庄七のこけしである。庄七のこけしに二重瞼のものがあることは知っていたが、これまでは大寸のものが多く、今一つ入手には至らなかった。今回の庄七は6寸の大きさ、同じ6寸の三蔵こけしを持っているので、並べて見たいと思い入札に参加した。今夜は、その二重の庄七こけしを紹介したい。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第432夜:庄七の三蔵型" »

第431夜:大沼誓の小寸2点(大正期)

Sei_taisyo_4sun_2hon 緊急事態宣言が開始されて1日目、昨日からTVはこの話題一色である。先月の26日を最後に自粛生活に入った身には、改めて何かをしなければならないということはないだろう。さて、こけし界では太平洋戦争があったために戦前のこけしは残っているものが少なく、さらに大正期まで遡ると稀品の部類に入ってしまう。こけしの一大産地であった鳴子系でもその傾向は変わらない。そんな中にあって大沼誓のこけしは大正期のものが割合知られており、古品市場でも時々顔を出す。先日のヤフオクでも、そんな大正期・誓のこけしが出品されていた。大正期の誓こけしとしては8寸強の定型、6寸ほどの地蔵型、それに4寸ほどの地蔵型が知られている。今回のヤフオクの出品には、この3種の他に4寸ほどの眉無したちこが入っており、このたちこは初見であった。今夜は、その小寸2本を紹介しよう。口絵写真は、その小寸2本である。

続きを読む "第431夜:大沼誓の小寸2点(大正期)" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ