友の会

第214夜:友の会9月例会(H29)

1709reikai_yoshinobu

昨24日(日)は東京こけし友の会の9月例会があった。清々しい秋晴れの下、約70名の方々が参集された。冒頭、会より出席者全員に豆こけしのプレゼントがあり、一気に雰囲気が盛り上がった。こけし界ニュースで今後のこけし関連イベントの案内があり、ギャラリー、新品こけし、中古こけし(入札、抽選)の頒布と続いた。今月は、小寸・豆こけしをビニール袋に入れた頒布品が相当数出品されて、会員を喜ばせた。第2部はシーボルト・ハウスでのこけし展、遠刈田のろくろまつり、鳴子の全国こけし祭りの報告もあった。最後に恒例となったジャンケン大会で大寸こけしを配布して散会となった。口絵写真は筆者が受け取ったおみやげこけし。

続きを読む "第214夜:友の会9月例会(H29)" »

第212夜:こけし談話会(新次郎・徳二)

170917danwa_shinjiro_kao

昨17日(日)は東京こけし友の会の「こけし談話会」があった。台風が近づき雨模様のため参加者が心配されたが、何と16名もの方々が鶯谷の挽物玩具「ねぎし」に参集された。テーマは土湯系の阿部新次郎と西山徳二。土湯系の中でも地味な部類に入り、各系統の華やかなこけしの中に入ると埋もれてしまいそうだが、こうして初期から晩年までの作品を並べて比べて見ると中々に味わいのあるこけしであることが分かり、改めて両工人のこけしに酔いしれた1日であった。口絵写真は初期の新次郎の表情。素朴さの中に力強さがあり、それでいてあどけなさも感じるこけしである。

続きを読む "第212夜:こけし談話会(新次郎・徳二)" »

第211夜:盛秀型の人気…

Yoko_rokuro_kao

東京こけし友の会の8月臨時例会の入札には盛秀こけしを筆頭に盛秀型のこけしが多数出品されていた。昭和40年~50年代にかけてこけし界における盛秀こけしの人気は絶大で、僅かな出品作を求めてイベント会場には長蛇の列が出来ていた。価格も1寸1万円と言われた時代である。今回の入札には尺の盛秀こけしが2本、最低価も最盛期の1/3以下と言う設定であったが、応札数は1件のみ。1本には応札は無かった。その他の盛美津雄(2本)、奥瀬鉄則(5本)、奥瀬陽子(2本)にも応札数は少なく、応札の無いものもかなりあった。お陰で、筆者は鉄則、陽子の2本を落札することができた。口絵写真は、陽子こけしの表情である。

続きを読む "第211夜:盛秀型の人気…" »

第209夜:友の会8月臨時例会(H29)

1708reikai_omiyage

昨27日(日)は東京こけし友の会の8月臨時例会があった。昨日までの酷暑に比べるとやや過ごしやすい気候であったが、出席者は64名と通常の例会と殆ど変わらなかった。この臨時例会は中古こけしの大頒布会となっており、4段階に分けて価格設定されたコーナーと書籍の各コーナー、それと入札品のコーナーに分かれており、抽選で1巡目は一人一本、次は逆順で一人3本まで購入することが出来る。頒布の最後には恒例のじゃんけん大会による大寸こけしの贈呈があって会は無事終了となった。おみやげこけしは会に保管してあった小寸の良品が手渡された。口絵写真は筆者が頂いた我妻信雄のこげす4寸5分である。

続きを読む "第209夜:友の会8月臨時例会(H29)" »

第203夜:友の会7月例会(H29)

1707reikai_syota

昨23日(日)、東京こけし友の会の7月例会があった。ここのところ例会参加者は減少気味で、62名の出席であった。おみやげこけしは新山匠太さん(弥治郎系)、こけし界ニュースでは新刊「伝統こけしの本」の紹介、高橋通さんの製作再開の話など、ギャラリーは「入れ子のこけし」、新品頒布こけしは6工人、中古こけし(入札、抽選を含む)頒布を経て、第二部では阿部木の実展(カメイ美術館)や木地山系伝統こけし製作・実演(とげぬき地蔵尊高岩寺)の報告があった。口絵写真は、筆者に渡された匠太さんのおみやげこけし(喜一型)。

続きを読む "第203夜:友の会7月例会(H29)" »

第198夜:木地山系伝統こけし製作・実演(2)

170702togenuki_konomi_mame

東京巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺で開催された「木地山系伝統こけし製作・実演」には、抽選の対象となった3工人の他に、柴田良二、佐藤達雄、藤原勝郎の3工人も参加され、また木地山系の多くの工人の作品が出品された。木地山系は型に対する制約が厳しくないため、1つの型を多くの工人が製作し、それぞれの個性が加味されたこけしが生まれている。その上、木地山系こけしが販売される機会も少ないため、今では人気の高い系統になっている。ここでは、今回出品された各工人を作品を紹介する。口絵写真は、阿部木の実さんの小寸物である。

続きを読む "第198夜:木地山系伝統こけし製作・実演(2)" »

第197夜:木地山系伝統こけし製作・実演

170702togenuki_koketohro

7月1日から、巣鴨のとげぬき地蔵尊高岩寺の信徒会館で開催されている「木地山系伝統こけし製作・実演」の2日の状況を紹介する。今回は人気工人の出品があり、早くから多くの愛好者が押し寄せることも考えられたため、整理券を配布して順番を決め、その順に入場・購入していただく方法が取られた(初日と2日目のみ)。初日には53名に整理券が配布され、会計には長蛇の列が出来たとのこと。2日目は23名で、比較的ゆとりがあった。口絵写真は、会場の入り口に立てられた恒例のこけし灯籠。この時期、巣鴨商店街はあさがお市も開かれており、本こけし展も今や風物詩の一つになっている。

続きを読む "第197夜:木地山系伝統こけし製作・実演" »

第194夜:友の会6月例会(H29)

1706reikai_sadayoshi

今日(25日)は東京こけし友の会の6月例会があった。本格的な梅雨模様の中、出席者もやや少な目の62名であった。最初のこけし界ニュースでは7/1から始まるとげぬき地蔵尊高岩寺での木地山系こけし製作・実演・販売の整理券配布のお知らせがあった(友の会HPを参照)。ギャラリーは秋田湯沢で開催されたこけし談話会(小椋石蔵)の報告。おみやげこけしは星定良さんのこけし4種。新品頒布は6工人の力作が勢揃い。中古こけし、入札、抽選こけしの頒布と続き、第二部は西荻いとちでのトークショー、下谷こけしまつり、山形県の物産と観光展(横浜)の報告があった。最後に恒例のジャンケン大会で終了となった。口絵写真は、筆者に手渡された星さんのおみやげこけし。

続きを読む "第194夜:友の会6月例会(H29)" »

第188夜:友の会5月例会(H29)

1705reikai_sumie

昨28日は東京こけし友の会の5月例会があった。おみやげこけしは遠刈田の佐藤すみえさんで形・模様違いなどで10種類あった。新品こけしは6工人のこけしとえじこ。例会ギャラリーは目黒幹事の担当で、直助4代の木目こけしと題して、直助・秀一・英太郎・直英の木目こけしを展示して解説があった。入札、抽選を経て、第二部は橋元会長の全日本こけしコンクールの審査状況の説明、会員の津軽訪問報告など興味深いお話があった。最後に恒例のジャンケン大会で大こけしを贈呈して終了となった。口絵写真は筆者が受け取ったおみやげこけし。

続きを読む "第188夜:友の会5月例会(H29)" »

第182夜:こけし談話会(石蔵)

170513danwa_annai

先週の土曜日(13日)に友の会のこけし談話会が秋田の湯沢市で開催された。地方開催の談話会は初めての試みであった。東京からは会員10名が参加、地元からは秋田こけし会の京野会長、湯沢市産業振興部の山田主任、それに木地山系の工人6名(三春文雄さん、阿部木の実さん、沼倉孝彦さん、阿部市五郎さん、柴田良二さん、佐藤達雄さん)が参加された。会場は湯沢グランドホテルのクリスタルの間という立派な会議室に、戦前・戦後の小椋石蔵のこけし他が並べられ、鈴木幹事が用意した資料を元に鑑賞が行われた。その後、隣の松風の間に場所を移して懇親会が開かれ、飲食を共にしながら親交を深め合った。なお、木の実さんは欠席で代りに小野寺正徳さんが参加された。今回の地方談話会が好評だったことから、毎年5月の談話会は地方で開催する方向で検討することになった。口絵写真は、会場の案内照明。

続きを読む "第182夜:こけし談話会(石蔵)" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ