ダルマ・木地玩具

第259夜:是伸展(千葉そごう)

180322yoshinobu_darumakoma

今年も千葉そごうでの「宮城の観光と物産展」の中で恒例の柿澤是伸さんの展示・即売展が始まった。初日の21日(春分の日)は横浜は季節外れの大雪で外出する気になれず、2日目の昨日(22日)の昼過ぎに会場に足を運んだ。場所は昨年と同じでかなりのスペースながら品物は思ったより疎ら…。昨日の初日に千葉に雪は降らず、かなりの人出で売れ行きも良かったそうだ。会期はまだ一週間もあるので、会場での製作に力を入れるとのこと。口絵写真は13個の子だるまが上に乗った大きな回し独楽。

続きを読む "第259夜:是伸展(千葉そごう)" »

第244夜:日本の郷土玩具

1801kazuto_annai

新年の恒例行事となった「日本の郷土玩具」が今日12日から表参道のOPAショップで始まった。東京こけし友の会の会員でもある佐々木一澄氏の新春企画で、今回で4回目を迎えた。今回は一澄氏の個展は併催されず、ショップでの展示・即売会となっていた。隣のOPAギャラリーでは、ダルマ絵の展示会が開かれており、一澄氏の作品も展示されている。こけし関係では大沼秀顯さんの新作2種と別途中古のこけしも並んでいた。口絵写真は案内状に掲載された郷土玩具。

続きを読む "第244夜:日本の郷土玩具" »

第235夜:匠の技(佐藤春二)

Haruji_ejiko_atama

最初にこの種のエジコを見た時には驚いたものだ。篭に入った幼子の首が回るのは分かるとしても、中の身体もまた篭の中でクルクル回る仕組みは、一体どうやって作ったのだろうと思う。静止が基本のこけしと違って、このエジコは頭と胴体が動くところが何とも面白い。幼子の胴体に描かれた赤・緑・紫の丸円模様もどのようにして描いたのだろうか…。この手のエジコが誰によって何時から作られたのか定かではないが、春二が作り出したような気がする。口絵写真は、その表情である。切れ長の凛々しい瞳は幼子というより妙齢の少女を思わせる。

続きを読む "第235夜:匠の技(佐藤春二)" »

第230夜:友の会旅行(H29)2日目

1711ryoko_umeki_neko

旅行2日目の朝、目覚めると窓の外には雪が舞っていた。今年最初の本格的な寒波の襲来である。これでは山寺登山は中止かなと思いつつ集合場所のホテルロビーへ。2台のタクシーで梅木修一さんのお宅へ向かう。20分程で到着。先ずはストーブが赤く燃えて暖かくなっている工房を見せて頂く。続いて自宅の方へ招かれる。壁一面のこけしを見てから座敷にてトークショーが始まる。修一さんからこれまでのこけし作りについて伺う。その後、直美さんも参加して、こけし談議に花が咲き、あっという間に予定の時間が来てしまった。この間に天候が回復し、タクシーで山寺・立石寺に向かう。予定通り1時間半程のガイドツアーで頂上の奥の院まで参拝し、五大堂より雪と紅葉の絶景を堪能して下山した。口絵写真は梅木さん宅の猫ちゃん。直美さんの猫こけしのモデルかも…。

続きを読む "第230夜:友の会旅行(H29)2日目" »

第221夜:親子達磨(福寿と寿彦)

Toshihiko_daruma

このところ雨模様の日が続いていたが、今日は久し振りにお日様が顔を出したので本ブログ用の写真を撮った。殆どの工人がこけし以外に達磨も作るようだが、達磨はこけしほど伝統性がないため、工人の個性で割合自由に作っているようだ。国恵は達磨を意識して集めている訳ではないが、福寿さんの達磨だけは異なるものが見つかると入手してきた。その結果は千夜一夜(1)の第856夜で紹介したが、今のところ5種類が見つかっている。その息子寿彦さんの達磨はこれまで見た記憶がなかったが、今回ヤフオクに出て来たので、福寿達磨と並べて紹介しよう。口絵写真は寿彦達磨である。

続きを読む "第221夜:親子達磨(福寿と寿彦)" »

第220夜:打ち出の小槌(2)

Kozuchi_atama_2

こけし千夜一夜物語(1)の第220夜で、阿部正義さんの打ち出の小槌を紹介した。その時の小槌は玩友からの借り物であった。先月の友の会の入札に同様の小槌が出品され、ようやく手元に置く事が出来る様になった。丁度220夜が近づいていたこともあり、同じ220夜で紹介することにした。師匠の小林清次郎さんが木地細工物を得意にしていた影響か息子の清さん、弟子の阿部正義さんとも極小木地玩具を超絶技術で製作する。このような技術もしっかりと後世に引き継がれて欲しいものである。口絵写真は、その小槌の頭に付いているダルマである。

続きを読む "第220夜:打ち出の小槌(2)" »

第219夜:今さんの闇夜こけし(2)…追記あり

Kon_yamiyo_honda_kao

第217夜で今さんの闇夜こけしを紹介したが、その闇夜を入手されたS先生が出品されたMさんに問い合わせたところ、Mさんのお父さんの収集品の中から本田功さんの闇夜こけしを発見して送って下さったとのこと。その闇夜こけしをお借りしたので、先の今さんの闇夜と並べて紹介しようと思う。口絵写真は、本田功さんの闇夜こけしの表情である。

続きを読む "第219夜:今さんの闇夜こけし(2)…追記あり" »

第217夜:今さんの闇夜こけし

Kon_yamiyo_kao

一か月ほど前にヤフオクに今さんの初期のこけしが纏めて出品されていた。筆者はあまり意識していなかったのだが、その中に「闇夜こけし」が1本入っており、それを落札された同好のS先生より「今晃作」と署名されたそのこけしに関して連絡を頂いた。そこで、今こけしの大コレクターである坂入氏に問い合わせたところ、氏もこの「闇夜こけし」に気付いており、今さんに新たに「闇夜こけし」を頼んでいて、9月頭には出来上がっていた。昨夜、S先生とお会いする機会があり、その「闇夜こけし」をお借りすることが出来たので、坂入氏の新作「闇夜こけし」と共に紹介したいと思う。口絵写真は今さんの元祖「闇夜こけし」の表情である。

続きを読む "第217夜:今さんの闇夜こけし" »

第214夜:友の会9月例会(H29)

1709reikai_yoshinobu

昨24日(日)は東京こけし友の会の9月例会があった。清々しい秋晴れの下、約70名の方々が参集された。冒頭、会より出席者全員に豆こけしのプレゼントがあり、一気に雰囲気が盛り上がった。こけし界ニュースで今後のこけし関連イベントの案内があり、ギャラリー、新品こけし、中古こけし(入札、抽選)の頒布と続いた。今月は、小寸・豆こけしをビニール袋に入れた頒布品が相当数出品されて、会員を喜ばせた。第2部はシーボルト・ハウスでのこけし展、遠刈田のろくろまつり、鳴子の全国こけし祭りの報告もあった。最後に恒例となったジャンケン大会で大寸こけしを配布して散会となった。口絵写真は筆者が受け取ったおみやげこけし。

続きを読む "第214夜:友の会9月例会(H29)" »

第209夜:友の会8月臨時例会(H29)

1708reikai_omiyage

昨27日(日)は東京こけし友の会の8月臨時例会があった。昨日までの酷暑に比べるとやや過ごしやすい気候であったが、出席者は64名と通常の例会と殆ど変わらなかった。この臨時例会は中古こけしの大頒布会となっており、4段階に分けて価格設定されたコーナーと書籍の各コーナー、それと入札品のコーナーに分かれており、抽選で1巡目は一人一本、次は逆順で一人3本まで購入することが出来る。頒布の最後には恒例のじゃんけん大会による大寸こけしの贈呈があって会は無事終了となった。おみやげこけしは会に保管してあった小寸の良品が手渡された。口絵写真は筆者が頂いた我妻信雄のこげす4寸5分である。

続きを読む "第209夜:友の会8月臨時例会(H29)" »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ