全て

第376夜:昭和20年代の川合信吾のこけし(?)

Shingo_s20dai_kao 先週の金曜日(16日)に人間ドックに行って来た。ちょうど2か月前の6/16日辺りから胸苦しさとお腹の不調が出始め、更に血圧も上が150、下が100を超えるような状態となり、安静に努めていたが改善が見られずに日が経ち、精密検査を受ける事にした。先ずは胸の苦しさを調べるため心臓冠動脈のCT検査を行い、次いで大腸の内視鏡監査、そして総仕上げに人間ドックを受診した訳である。最終的には重篤な病変は見つからず、体調の方も徐々に回復して一安心といったところである。まあ、とりあえず一年間は大丈夫か…(苦笑)。 さて、鳴子の岸正男の弟子である川合信吾については早くに鳴子を離れてしまったためか、そのこけしに関しては分からないことが多い。先日のヤフオクにその川合信吾の初期と思われるこけしが出ており、最低価(500円)に10円を足した金額で落札できてしまった。今日はそのこけしの紹介である。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第376夜:昭和20年代の川合信吾のこけし(?)" »

第375夜:再会した小関幸雄のこけし(戦前)

Koseki_kodo_s14_kao 暑かったお盆も終わり、今日は風も北向きに変ってやや過ごし易い一日であった。先月末、ヤフオクに1本のこけしが出ていた。小関幸雄の戦前・竹井時代のこけしである。小関の戦前のこけしはその素朴さが気に入って注目していたが、3万円という最低価のせいか応札無しで終わっていた。国恵志堂には同種のこけしとして「こけし作者」掲載の橘旧蔵品があるのでそのままスルーした。ヤフオクのこけしは再出品となり、最低価は変らずに出て来た。気にはなっていたのでじっくりと見ていると、堂底に鼓堂印が押されてあり、それが鼓堂旧蔵品で有ることが分かった。鼓堂旧蔵の小関こけしは国恵志堂にも1本あったので、取り出してきて「愛玩鼓楽」の小関こけしを探してみると、何と手元にある小関こけしの横に写っているのが、今回出品されているこけしであった。それが分かると急に手元で並べて見たくなり、応札した。結局、他に応札者はなく出品価で落札した。「愛玩鼓楽」が発行された昭和60年には一緒にあったものが、その後鼓堂コレクションを離れてこけし界に出て行き、再び国恵志堂で再会したのである。今夜は、そのこけしを紹介したい。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第375夜:再会した小関幸雄のこけし(戦前)" »

第374夜:「ミラノ伝統こけし展」の返礼こけし

Milano_kokeshi_naomiti_kao 昨年10月から12月にクラウドファウンディングにて資金を調達し、今年の5/18~6/2までイタリア・ミラノMUDECにて、ミラノ伝統こけし展「こけしー東北の伝統的な職人技」を開催したミラノ伝統こけし展実行委員会から、返礼のこけしが送られてきた。クラウドファウンディングでは出資金の額によって幾つかのコースが設けられており、筆者は桜井昭寛・尚道の師弟コンビコースに申し込んだため、両工人のこけしが送られてきた訳である。今夜は、そのこけしを紹介したと思う。口絵写真は、尚道さんの返礼こけしの表情である。

 

続きを読む "第374夜:「ミラノ伝統こけし展」の返礼こけし" »

第373夜:戦前の民之助こけし

Taminosuke_s15_kao 8月に入り、夏真っ盛りの酷暑が連日続いている。古稀目前の高齢者にはなかなか厳しい気候である。心臓と大腸の精密検査を終え、今月中旬には人間ドックで検査の総仕上げである。さて、鳴子の遊佐民之助のこけしについては、第181夜で紹介したが、ようやく真の戦前作を入手することができたので紹介しよう。民之助の戦前作には大正期から昭和初期のもの(第一期)と昭和15~18年の復活期のもの(第二期)が知られており、今回はその復活期のものである。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第373夜:戦前の民之助こけし" »

第372夜:友の会7月例会(R1)

1907reikai_kanou一昨々日(28日)、東京こけし友の会の7月例会があった。梅雨明けを思わせる天候の中、59名の出席者があった。ここ三か月は40名台の出席者だったので一安心。おみやげこけしは、仙台の加納博さんで4種類。新品こけしは6工人の様々な作品が揃った。例会ギャラリーは鈴木副会長の「新山久治のこけし」で尺5寸の大物の迫力は圧巻。入札・抽選を含む中古こけしの頒布を経て。第二部は橋本永興前会長の仙台カメイ美術館でのこけし展の解説。桜井昭寛、新山吉両工人によるトークイベントの話も興味深かった。口絵写真は筆者が受け取ったおみやげこけし。

続きを読む "第372夜:友の会7月例会(R1)" »

第371夜:憲一の勝次型

Kenichi_katuji_s37_kao 西山憲一は多くの勝次型を作っているが、これまで今ひとつ気に入った作に出会わず、手元にこれと言った作は残っていない状況であった。先日のヤフオクに表情の良い勝次型が出ており、何とか入手することが出来た。これもこの4月に入手した勝次こけしのご縁かとも思う。今夜はその勝次型を紹介したい。口絵写真はその勝次型の表情である。

続きを読む "第371夜:憲一の勝次型" »

第370夜:美津雄の古型ロクロ(その4)

Morimitu_rokuro_s50_kao 津軽系こけしの中でも盛秀型古型ロクロ(開き目)は好きなこけしで力を入れてコレクションしている。美津雄さんは各種の盛秀型こけしを作っており、この古型ロクロもそのレパートリーの一つなのだが、それがいつ頃から作られ始めたのかは判然としていない。「盛秀一家のこけし辞典」には美津雄さんのこけしが初期のものから各種年代順に掲載されており有難い。その中では昭和59年のものが一番古いようだ。先日ヤフオクに出品された古型ロクロは、署名と描彩様式からそれより古いものと思われ入手した。今夜はそのこけしを見てみたい。口絵写真はその古型ロクロの表情である。

続きを読む "第370夜:美津雄の古型ロクロ(その4)" »

第369夜:梅吉こけしの魅力

Umekiti_s8_kao 梅雨真っただ中の天候の中、7月を迎えた。今年も半分が終わり、後半に入った訳である。国恵が梅吉こけしに興味を持ったのは、高橋金三の復元作を見てからである。良く筆の伸びたキリッとした表情、過剰とも思われるアクセントの付いた眉・目の描彩に惹きつけられた。藤井梅吉は「日本郷土玩具(東の部)」(昭和5年)で紹介されたが、昭和11年3月には亡くなっているので、その残るこけしも多くはない。古品市場に出てくるのも珍しく、数年前に楽語舎(旧たんたん)の即売会でようやく手にすることが出来た(第901夜参照)。それで一応満足はしており、あとは評価の高い手絡模様の梅吉を望んでいるが、それは今だに見かけない。今回の梅吉は黒頭ではあるが、面描と鬢の描法に惹かれて入手に至った。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第369夜:梅吉こけしの魅力" »

第368夜:盛のもんぺこけし

Sakari_monpe_kaoヤフオクで高橋盛のもんぺこけしを入手した。ぜひとも手に入れたかったこけしの一本であった。戦前のこけしに「もんぺこけし」と呼ばれるものがある。弥治郎系の蔦作蔵や秋保の菅原庄七のこけしが有名である。胸部が膨らみ、そこからやや括れて腰部でまた膨らみ、裾部が窄まって最下部が台状に広がった形である。描彩はもんぺを履いた模様である。頭には髷を付けたものが多い。これに対して、今夜のこけしは形態は正にもんぺこけしであるが、頭に髷は無く、胴の描彩ももんぺ模様ではない。もんぺは太平洋戦争中は女性の標準服として全国に広まったが、元々は農山村の作業着であったようだ。東北地方では広く使われていたようで、そんなところからもんぺこけしも生まれたのであろう。口絵写真は盛もんぺこけしの表情である。

続きを読む "第368夜:盛のもんぺこけし" »

第367夜:友の会6月例会(写真のみ:R1年)

1906reikai_ichigoro 東京こけし友の会の6月例会は、23日(日)に開催された。筆者は体調不良で欠席したため恒例の例会報告は掲載出来ず、関係者から頂いた写真のみ掲載させて頂く。ご了承下さい。口絵写真はおみやげこけしである阿部市五郎さんの石蔵型。

続きを読む "第367夜:友の会6月例会(写真のみ:R1年)" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ