初期作

第485夜:こちらは習作(鈴木征一)

Seiichi_s51_kao 前回の大沼正人と一緒に入手した18本こけしの中に、鈴木征一のこけしが入っていた。ヤフオクの出品写真の中に、この征一こけしの胴底の写真が載っており、そこには「51.8.2 鈴木征一 練習中のもの」とある。征一は昭和47年5月から、奥山庫治について木地修業、5年間木地下を挽いて昭和52年5月に独立、昭和53年頃より自身のこけしを世に出したとある。(kokeshi wikiより)。征一の初期のこけしとしては、千夜一夜(1)の第888夜に昭和52年7月の作を掲載している。どの時点のこけしを征一の「初作」とするかは定かではないが、独立した52年5月とするのは一つの考え方であろう。それ以前の主に木地下を挽いていた頃にも練習でこけしは作っていたであろうし、そんな中の1本が今回のこけしと言えるだろう。練習中の作ということで「習作」とした。「初作」は一応作品としては完成品であるが、「習作」は未だ完成品とは言えないので、「初作」とはまた違った観点から見なければいけないのだろう。

続きを読む "第485夜:こちらは習作(鈴木征一)" »

第484夜:初作の魅力(大沼正人)

Masato_syosaku_kao 完成されたピーク期と言われる時期のこけしの魅力は言を待たないが、ある種それとは対極にある初期のこけしの魅力も侮れない。初作を作った時に入手するのは容易ではないため、中古品の中から探すことになる。「初作」の魅力は何かと問われれば、先ず第一に「初々しさ」と答えたい。木地修業に入り、やがてこけしを作ることになるが、木地にはぎこちなさが残り、描彩は稚拙でたどたどしいものである。しかし、そこには初めて自分のこけしを作ったと言う意気込みが感じられ、それが「初々しさ」として見る者の心に響くのである。さて、先週末に締め切りを迎えたヤフオクのワンコイン出品の中に18本の纏め出品があった。多くのこけしの纏め出品の場合、不要なものも送られてくるため敬遠する向きもあり、思わぬ掘り出し物に遭遇することもある。今回の出品こけしの中では大沼正人のこけしが気にかかった。正人は大沼健三郎の孫にあたり、健三郎の後継者として期待された工人であった。昭和58年(20歳)から木地修業・こけし製作を始めたとあるが、kokeshi wikiでも詳細な記載はない。こけしブームの終焉と共に転業してしまったようである。そこで、昭和時代のガイドブックを括ってみると、「伝統こけし 工人手帳」第4刷(昭和60年5月発行)に工人とこけしの写真が掲載されていた。それと比べて今回出品中の正人こけしは手慣れておらず、それらよりも前の作と推測して入札に参加した。流石に他にも応札者がありワンコインでの落札にはならなかったが、4コイン半ほどでの安価な落札となった。今夜はその正人こけしを紹介しよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第484夜:初作の魅力(大沼正人)" »

第483夜:鉄則の幸兵衛型を遡る

Tetunori_kobe_roboteye_kao 国恵がこけし収集を始めた昭和40年代の後半、既に第二次こけしブームが盛り上がりを見せており、津軽系の盛秀太郎のこけしは雲の上の存在、その弟子の奥瀬鉄則のこけしも垂涎の的であった。しかし、こけし初心者にとって当時の盛秀/鉄則のこけしはコレクションにぜひ入れたいものであったのも事実であった。ようやく1本の鉄則こけしを入手するも、鉄則は色々な種類のこけしを作っており、渇望感は増すばかりであった。鉄則こけしには盛秀型と幸兵衛型の二種類があることを知り、幸兵衛型は盛秀型ほど人気は高くなく入手もし易いとの思いから、幸兵衛型を中心に鉄則こけしを集めることにした。幸兵衛型も集め出すと、数種類あることが分かり、更に年代変化もあることから次第に初期の幸兵衛型に目を向けるようになった。「盛秀一家のこけし辞典」などから、鉄則の最初期の幸兵衛型は通称「ロボット」と呼ばれる目の大きい愛らしいこけしであることが分かった。そのロボットは新型っぽい描彩のものであるが、人気が高く未だに入手するに至っていない。前置きが長くなったが、先日ヤフオクに、そのロボットによく似た目をした鉄則のこけしが出ていた。よく観察するとロボットではないが、手持ちの中では最も古い鉄則幸兵衛型とロボットの間にあたるこけしに見えてきた。そこで、急遽入札に参加すると価格は高騰することなく、ほぼ適正と思われる価格で手に入れることができた。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第483夜:鉄則の幸兵衛型を遡る" »

第477夜:何とも気になるこけし

Koretaka_kanjifuu_kao 9月になって一週間が過ぎ、新型コロナの新規感染者は徐々にではあるが減少してるようだ。そんな中、台風が2週連続で九州を襲っている。今回の台風10号は超大型で特に要注意となっていたが、事前の準備が効いたせいか被害は最小限に抑えられたようだ。さて、コロナ禍の中、最近こけし収集はヤフオクが中心になっており、その出品を見ることは多い。第2次こけしブームの頃に入手困難だったこけしが、当時に比べると何とも安価に入手できるのは嬉しいものの複雑な感じになることも多い。そんな中、ヤフオクを見ていると何とも気になるこけしに出会うこともある。今夜紹介するこけしもそんな1本。一目で勘治型のこけしであることは分かるが、醸し出す雰囲気はちょっと異なる。今夜は、そのこけしを味わってみよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第477夜:何とも気になるこけし" »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ